« 40歳代、50歳代で歯を失わないために | トップページ | 生活保護費の削減は生存権の侵害  83世帯が不服審査請求書 »

2014年4月22日 (火)

東海第二原発の再稼働につながる安全審査請求やめよ

日本共産党水戸市議団(3人)は4月21日、水戸市議会の田口文明議長に対し、東海第2原発の安全審査申請に係る水戸市議会の対応についての申し入れ」を行いました。  
 申し入れ書では安全審査申請は再稼働にためのステップであり申請には反対であるとして①市議会として日本原電に申請に関する説明と質疑の場を早急に設けるよう申し入れること②市議会に再稼働や安全対策や住民避難などについて審議する特別委員会を設置すること③市民に対する説明会と質疑の場を設けるよう市議会として日本原電に要請することを求めています。田口文明議長は「議会の各会派代表者に対し、共産党市議団から申し入れがあったことを知らせる。各会派の意見も聞きながら今後の対応を検討する」と回答しました。4月17日、日本原電は東海第二原発に隣接する11の市町村に再稼働のため安全審査申請に関する説明会を開催しました。参加した市町村長らは「原電は住民や議会に十分な情報を提供していない」として申請を認めることは保留し、まず住民や議会に説明をおこなうよう要請しました。4月17日の市町村長の説明会は非公開で行われ、会場前では安全審査請求に対する抗議行動が行われました。Photo

« 40歳代、50歳代で歯を失わないために | トップページ | 生活保護費の削減は生存権の侵害  83世帯が不服審査請求書 »